自己紹介文

平成19年10月24日
最愛の娘は、交通事故で命を奪われました。

いつの日か、再び逢う日まで
母の想いを綴ります。